せっけんってなんだろう?


せっけんには、生活シーン(キッチン・洗濯・入浴など)に合わせて用途別に色々な製品があります。

そして、それぞれに〈固形・液体・粉・泡〉といったタイプに分かれます。

どのタイプを使うかは、ご家庭での習慣や使い勝手によって違うようですが洗浄成分は同じせっけん。安全性は変わりありません。 

①せっけんと合成洗剤の違い

せっけんとは、自然成分を素材にした最もシンプルで安全な界面活性剤のこと。 一方、合成洗剤は 石油や油脂を原料に化学合成された界面活性剤で、

せっけんと区別して合成界面活性剤と呼ばれています。石油が主流の化学的に合成された洗浄剤が主流。

「石油系合成界面活性剤を含みません」という表示ものは、原料の一部に植物由来の合成界面活性剤が使われていることを示すクレジットであり、せっけんを意味するものではありません。

②商品名だけでは本当に「せっけん」か分からない!

【洗濯・台所用せっけんの見分け方】

品名が「洗濯(台所)用石けん」とあれば、それはせっけん。安心して手にとっていただけます。

成分表には「脂肪酸ナトリウム」または「脂肪酸カリウム」と表示されます。

【浴用・顔用せっけんの見分け方】

「せっけん」か「合成洗剤」かによって品名が区別されていません。

「せっけん」や「ソープ」とうたっていても、合成界面活性剤が主成分のものもあります。

見分けのポイントは品質ラベル(成分表)。

「石ケン素地」あるいは「カリ石ケン素地」とあるものがせっけんです。